MENU

葉酸は妊婦の必需品のような気がします

私が初めて「葉酸」という言葉を知ったのは不妊治療をしているときでした。治療をしていた婦人科の壁に「葉酸サプリ」の広告が貼ってありました。

 

「葉酸?なにそれ」状態で読んでみたところ、妊娠することを意識し始めたら摂ったほうがいい、と書かれていたんですね。

 

病院のその葉酸サプリはお高かったので、帰りにドラッグストアで探してみることに。すると、いっぱいありました。その一つを購入し、さっそく飲み始めました。めぐりの葉酸はドラッグストアには売られていなかったので、存在に気づいていませんでした。

 

妊娠を希望する女性は1日当り0.4mg以上摂取するとよいと言われていること、二分脊椎という先天性の病気の発症リスクを下げると言われていること。どれも妊娠を意識する女性には大切なことです。

 

その後、無事妊娠に至りました。しかし葉酸は妊娠中ずっと飲んでいました。妊娠中期までつわりがひどく、あまり食べられなかったからなんです。

 

妊娠したら野菜や果物、お肉や魚をバランスよく食べることがおなかの赤ちゃんにとって大事だというのはわかっても、中にはつわりで食べられない方もいます。特に胎児の体がどんどん作られていく初期に、つわりで苦しむ人は多いです。

 

つわりになると、食べられるものが極端に偏ってしまい、ジャンクフードしか受け付けないという人の話もよく聞きました。

 

バランスが大事なのはわかっても体が受け付けない。だから葉酸を取ることが必須でした。どれだけ具合が悪くても、葉酸だけは飲んでいました。そういう女性、多いと思います。

 

妊娠を意識する女性にとって、とても大事な葉酸。いつか出産をしたいなと考えている若い女性も摂取することをお勧めします。